スポンサーリンク
哲学

アリストテレス『形而上学』についてのレビュー

アリストテレスの『形而上学』は、存在の深遠な探求や宇宙の根源的な原理に関する考察を展開した西洋哲学の不朽の名著である。この作品は、物事の成り立ちや変化の背後にある原理を明らかにする四つの原因論や、宇宙の秩序や調和を保つ「第一動者」という概念を導入している。中世のスコラ学から近代哲学、そして科学の発展に至るまで、数世代にわたる学者や思考家に深い影響を与えてきた。また、イスラムやインドの哲学との交流を通じて、相互の影響や発展を促してきた。この記事では、『形而上学』の核心的思考とその後の時代への広がりと影響について詳しく探る。
文学

ソポクレス『オイディプス王』について

時を超える哲学的洞察と感動の物語、ソポクレスの『オイディプス王』。運命と因果の複雑性、自己認識と罪の意識を問いかける名著が、現代社会にも響き渡ります。
哲学

アリストテレス『ニコマコス倫理学』についてレビュー

内容は重厚だが、決して難解ではない。むしろ今を生きる私たちに寄り添う、生き生きとした一冊だ。ぜひ手にとって、アリストテレスの知恵を直接体感していただきたい。
哲学

プラトン著『ソクラテスの弁明』についてレビュー

『ソクラテスの弁明』は、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが自らの哲学と生き方を貫くために行われた裁判の弁明を描いた、古代哲学の傑作。
哲学

ヘーゲル著『精神現象学』についてレビュー

『精神現象学』は、魂に潜む哲学の黎明を照らし出す輝かしい宝石箱。過去と未来が踊り狂い、自己と他者が交差する舞台で、人間の精神が自己創造の芸術を奏でる。
ノンフィクション

ナオミ・クライン著『ショック・ドクトリン』についてレビュー

『ショック・ドクトリン』は、カナダのジャーナリストであるナオミ・クラインによって著された、経済と政治の複雑な相互関係を浮き彫りにし、社会的な不平等や民主主義の危機に警鐘を鳴らす傑作。
ジャーナリズム

ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』第4回 日本、そして民衆の「ショック・ドクトリン」

100分de名著『ショック・ドクトリン』ナオミ・クライン 第4回 日本、そして民衆の「ショック・ドクトリン」を視聴しました。
ドキュメンタリー

沖縄戦 発掘された米軍録音記録

「NHKスペシャル“戦い、そして、死んでいく”〜沖縄戦 発掘された米軍録音記録」を視聴しました。
ジャーナリズム

ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』第3回 戦争ショック・ドクトリン 株式会社化する国家と新植民地主義

100分de名著『ショック・ドクトリン』ナオミ・クライン 第3回 戦争ショック・ドクトリン 株式会社化する国家と新植民地主義 を視聴する。
ドキュメンタリー

バタフライエフェクト ビートルズの革命 そしてルーシーは宇宙を行く

「映像の世紀バタフライエフェクト ビートルズの革命 そしてルーシーは宇宙を行く」を視聴した感想を述べます。
スポンサーリンク